営業品目

Items

木材製品

丸太型枠日本林業土木(株)

間伐材を軽量形鋼の支柱に取り付け、金具で固定した残存型枠です。
特長
①間伐材を有効活用することにより、地球温暖化防止や資源循環社会の形成等に寄与します。

②丸太残存型枠なので型枠の解体補修がなく、コスト縮減と工期短縮が図れます。

③支柱への丸太取付がボルトなので作業が容易です。

④支柱に丸太を取り付ける単純な構造で、皮付き丸太や丸棒加工材、太鼓落し材などの選択が可能で、材長2m、3mのいずれの丸太でも使用できます。

⑤丸太が腐食した後は取替えが可能です。(NR2型)

⑥割付図面サービスの他、技術サービスを行っております。
(注)本製品の取り扱いは、北海道及び東北地方に限定しております。


ウッドスチールウォール日本林業土木(株)

溝形鋼で作った枠の中に間伐材等の丸太を積み上げ、自重と支え材で基礎地盤へ定着させる筋工に適した製品です。
特長
①組立は特別な技術を必要とせず、簡単に仕上げることができます。

②丸太は複雑な加工や直径を統一する必要がなく、施工地での杭打ちも不用です。

③作業効率を良くするため、長さを2mピッチにしています。

④間伐材を利用することにより、資源の有効活用が図れます。

⑤自然にマッチする工法で、風致・景観に配慮が必要な地域に適しています。



鋼製丸太水路日本林業土木(株)

溝形鋼で作った枠の中に間伐材等の丸太を積み上げ、自重と支え材で基礎地盤に定着させ、水路を作る製品です。
特長
①施工が簡単で、基礎地盤への定着は自重と支え材が安定的に作用する構造ですので、施工地での杭打ちが不要です。

②組立は特殊な技術を必要とせず、簡単に仕上げることができます。

③丸太は複雑な加工や直径を統一する必要がありません。

④作業効率をよくするため、長さを2mピッチにしています。

⑤間伐材を利用することにより、資源の有効利用がはかれます。

⑥自然にマッチする工法で風致・風景に配慮が必要な地域に適します。


ウッドラックⅡ(改良型)日本林業土木(株)

棒鋼を枠状に組んだ鋼製網枠に半割り丸太を固定した製品で、公園、遊歩道、護岸等の網枠に取り付けることにより、人にも自然にも優しい施設となります。
特長
①間伐材を有効活用することにより、地球温暖化防止や資源循環社会の形成等に寄与します。

②半割り丸太は縦・横の方向に使えますので、美観・経済性に優れています。

③組立て・施工に特別な技術を必要としません。